セアカに気をつけながら畑拡大!

レオの散歩と水槽掃除の後、畑づくりの続きを行いました。 前回の分だけでは耕地面積が狭かったので、新たに畑用の土を150L分購入し、畑の面積を拡大しました!セアカゴケグモに注意しながら、広げた畑に種をまきました。畑ではハクサイ、キャベツ、ニンジン、ゴボウ、春菊、ダイコンを栽培されることになります。3学期中にはすべて収穫してお鍋をしたいのですが、おそらく、それぞれ収穫できる時期がずれてしまうと思われるので、できたものから料理して食べようかと思います。

 

f:id:ass-science:20191119164405j:plain

レオさん、本日学校ブログの取材を受けました。

 

f:id:ass-science:20191119164706j:plain

この季節、水槽がにごりがちです。

 

f:id:ass-science:20191119164718j:plain

 見ていて金魚さんたちが苦しそうに見えたので、掃除してあげることにしました。

 

f:id:ass-science:20191119165153j:plain

少しマシになったかな?

 

f:id:ass-science:20191119165321j:plain

ナマズの水槽もきれいにしました。

 

f:id:ass-science:20191119165348j:plain

レオさんが取材からお戻りになりました。

 

f:id:ass-science:20191119171835j:plain

暗闇の中の畑づくり 

 

f:id:ass-science:20191119171853j:plain

種の種類を確かめながらていねいに植えていきました。 

 

f:id:ass-science:20191119174211j:plain

 見えにくいけど多分できたでしょう!

冬野菜を育てよう!

「野菜を育てたい!」とみんなからの意見があったので、時期が少し遅いですが野菜の植え付けをしました。

まず、レオさんのお散歩へ。

最近寒くなってきているので、レオさんもあんまり動いてくれませんが、10分ほどお外でお散歩しました。

その後、冬野菜の植え付けを行いました。

今年は畑を使用していなかったので、畑を耕すところからのスタートです。

 

17:00頃には暗くなってしまったので、暗い中、作業を続けます。

耕した部分に新しい土を入れて、整地していきます。

f:id:ass-science:20191114180112j:plain

 

今回は、イチゴ・ハクサイ・ゴボウ・ニンジン・キャベツを植え付けました。

イチゴ・ハクサイは苗から、ゴボウ・ニンジン・キャベツは、種から植えました。

f:id:ass-science:20191114181808j:plain

 

昨日は暗かったので、明るいときに見た畑はこんな感じです。

f:id:ass-science:20191115124321j:plain

 

最近寒くなってきているけど、頑張って育ってね!!

先を見据えて

 今回は、次の実験教室までまだ期間があるので、じっくりと内容を考えてみよう、ということで、ミーティングを行いました。実験教室に来てくれるお客さんの層、わかりやすい・おもしろい・インパクトのあるもの、危なくない、おみやげになる、今までに見たことのないようなもの、材料費があまりかからない、持ち運びがしやすい、などいろいろな条件をふまえて、また、あらためてそれぞれの案を持ち寄ることにしました。ミーティングの後、ビオトープの掃除を行いました。

 

f:id:ass-science:20191112163930j:plain

余分な水草や刈り取った草を一輪車に入れます。


f:id:ass-science:20191112164258j:plain

水面が小さい水草で埋まってしまっています。


f:id:ass-science:20191112165058j:plain

虫取網で地道に少しずつ水草を取っていきます


f:id:ass-science:20191112170910j:plain

網で取った水草に混ざりこんだヤゴやエビを救出しました!

せっけんと音の実験 in 五月山

 五月山児童文化センターでの科学まつりに出展しました!実験ブースでは「液体石けんを固めよう!」実験を行い、15時からのサイエンスショーでは「音の実験」を行いました。液体石けん実験は、以前に行ったことがあったので、思い出しながらやってなんとか説明できましたが、サイエンスショーでは、今まで行ったことのない音に関する様々な実験にチャレンジしてみることにしました!朝からたくさんのお客さんに来ていただき、石けんの実験を楽しんでいただきました。サイエンスショーでも予想をはるかに越える人数のお客さんが見に来て下さいました。ありがとうございました。ショーはバタバタしてうまくいかないこともありましたが、ボランティアで司会を担当していただいた先生にフォローしてもらいました。ありがとうございました!

 

f:id:ass-science:20191110084342j:plain

池田駅からバスで出発!


f:id:ass-science:20191110085407j:plain

着きました!


f:id:ass-science:20191110085507j:plain

紅葉し始めてきてますね。


f:id:ass-science:20191110085727j:plain

ここでやるよ。


f:id:ass-science:20191110092130j:plain

セッティング完了!


f:id:ass-science:20191110093348j:plain

説明内容の確認中。


f:id:ass-science:20191110095356j:plain

科学まつりのちらしです。


f:id:ass-science:20191110095511j:plain

科学まつりスタート前の恒例の決起集会


f:id:ass-science:20191110101005j:plain

科学まつりスタートしました!


f:id:ass-science:20191110101056j:plain

早速ブースがお客さんで埋まりました。


f:id:ass-science:20191110101705j:plain

液体石けんが食塩水に入ると一瞬で固まる反応にみんなビックリしていました。


f:id:ass-science:20191110104046j:plain

なんで固まるのかをイラストを用いて説明しました。


f:id:ass-science:20191110105755j:plain

プリンカップの中で固まった石けんをクッキーの型抜きで型抜きします。


f:id:ass-science:20191110111911j:plain

いきなり英語で質問されてあせりましたが、なんとか英語で質問に答えました。


f:id:ass-science:20191110120455j:plain

説明を繰り返し行うことで、スムーズに説明できるようになっていきました。


f:id:ass-science:20191110124102j:plain

お昼休憩します。


f:id:ass-science:20191110125421j:plain

毎年恒例の出展者への振る舞いカレー!

今年もとてもおいしかったです!

ごちそうさまでした!


f:id:ass-science:20191110132005j:plain

午後からの準備をしながら午前中の反省会を行いました。


f:id:ass-science:20191110132453j:plain

午後の部スタート。


f:id:ass-science:20191110142255j:plain

親御さんも興味津々でお子さんと一緒に楽しんでいただきました。


f:id:ass-science:20191110143446j:plain

午後の部もたくさんのお客さんに来ていただきました。


f:id:ass-science:20191110145510j:plain

少し早めにブースの実験を切り上げて、サイエンスショーの準備をしました。


f:id:ass-science:20191110153043j:plain

サイエンスショー、おつかれさまでした!


f:id:ass-science:20191110154733j:plain

荷物を段ボール箱に梱包しました。


f:id:ass-science:20191110155333j:plain

来たときよりきれいにしましょう!


f:id:ass-science:20191110155634j:plain

差し入れいただきました。


f:id:ass-science:20191110161814j:plain

会場出発!

おつかれさまでした!

 

サイエンスショーに向けて

11月10日(日)に開催される五月山児童文化センターでのサイエンショーの予備実験を行いました。音の実験をやろう!ということで、音に関する実験をいろいろと試してみました。音は振動によって伝わるということをわかりやすく伝えるにはどうすればいいのかを考えながら実験しました。カサ袋の中に発泡スチロールの小さな球を入れてカサ袋に向けて「アー」と叫ぶと袋の中の球が踊り出す実験から始めました。このように音の振動を目で確認できるような実験として、オシロスコープの実験もすることにしました。また、振動の違いによって音が変わる実験もやってみることにしました。

 

f:id:ass-science:20191107162851j:plain

カサ袋に発泡スチロールの球を入れています。

こぼさないように慎重に!

 

f:id:ass-science:20191107163905j:plain

ポンプで空気を抜いて浅漬けを作る容器に防犯ベルを入れて、音が空気の振動で伝わることを確かめる実験を行いました。

 

f:id:ass-science:20191107164459j:plain

オシロスコープのマイクに向かって叫んで、音の波形を確認しました。

 

f:id:ass-science:20191107171040j:plain

紙コップにつないだ糸にスプーンを結び付けます。

紙コップに耳をつけてスプーンを叩いて音を聞いてみると、お寺の鐘の音のようにボワーンと音が響きます。

 

f:id:ass-science:20191107171048j:plain

紙コップや空き缶にタコ糸やテグスや麻糸などをつないで、水でぬらした指で糸をこすると動物の鳴き声のような音が聞こえます。

 

f:id:ass-science:20191107172025j:plain

スプーンの鐘の音を確認中。

学院祭&チャリティ・デー

今年から学院祭とチャリティ・デーが一緒になりました!いつも無料で、学院祭でのみ行っていた科学教室をチャリティということで、有料にしました。お金をいただくのは少し気が引けましたが、寄付金に使われるのならしょうがないか、と思って割り切ってやりました。でも、せっかくお金をいただくので、おみやげの多い内容で、小さい子どもさんが喜んでもらえるものを企画しました。内容は「ダイラタンシー」「スライム」「炎色反応ろうそく」「チリメンモンスター」「バスボム」「液体せっけんを固めよう!」「水生生物(アフリカツメガエル、金魚、ナマズ)の展示」でした。10時から14時までという短い時間でしたが、たくさんのお客さんにご来場いただきました。ありがとうございました!準備不足や人手不足で説明がうまくできなくて、ご迷惑をおかけしてしまった場面もありました。反省点として今後に生かしていきたいと思います。

 

f:id:ass-science:20191102075107j:plain

朝早く集まって準備を行いました!

ダイラタンシーの水加減をしています!

 

f:id:ass-science:20191102101145j:plain

最初のお客さんはバスボムづくりからスタートしました!

 

f:id:ass-science:20191102104033j:plain

最初の1時間ほどは和やかなムードで進んで行きました。

 

f:id:ass-science:20191102111402j:plain

開始から1時間を過ぎてから徐々にお客さんが増えてきて、賑やかになってきました!

 

f:id:ass-science:20191102112314j:plain

ダイラタンシーは子どもさんだけでなく大人の方にも大好評でした!

 

f:id:ass-science:20191102112352j:plain

各テーブルで行われている実験を黒板に表しました。

 

f:id:ass-science:20191102114258j:plain

炎色反応ロウソクづくりに熱心に取り組んでくれています!

 

f:id:ass-science:20191102120221j:plain

OGも来てくれてスライムづくりを楽しんでくれました!

 

f:id:ass-science:20191102132726j:plain

歴代の部長も激励に来てくれました!

昔話に花が咲きました!

 

f:id:ass-science:20191102141202j:plain

チャリティ・デーが終了しました!

かたづけましょかー!

 

f:id:ass-science:20191102141613j:plain

残った材料を使って巨大スライム作っちゃいました!

 

f:id:ass-science:20191102142659j:plain

ぼちぼちかたづけていきましょう。

 

f:id:ass-science:20191102153154j:plain

きれいにかたづけられました!

 

f:id:ass-science:20191102161632j:plain

OGから差し入れでいただいたクッキーをみんなでいただきました。

 

f:id:ass-science:20191102163650j:plain

おつかれさまー!!!

チャリティ・デー前日準備

いよいよ、チャリティ・デーを明日に控え、準備を急ピッチで行いました!水槽掃除の続き、各種実験の段取り確認と炎色反応ロウソクの予備実験も行いました。炎色反応ロウソクづくりでは、先週の失敗から、ロウは鍋に入れて溶かすことにしました。溶かしたロウを容器に入れてクレヨンで色をつけ、そこに、塩化ナトリウム、塩化カリウム、塩化リチウムのいずれかを加えて混ぜ、最後にロウソクの芯を真ん中にセットし、冷やして固めて出来上がりです。炎色反応の「リアカー無きK村・・・」が本当にそうなのか、を実際にこの目で確かめてみたいという思いが強く、この実験をすることになりました。塩化リチウム(赤)、塩化ナトリウム(黄)、塩化カリウム(紫)をそれぞれ混ぜたロウソクを作ってみると、燃えている炎がそれぞれ赤、黄、紫色になっていました。ちょっと感動しました。これでなんとか、明日の本番は間に合いそうです!

 

f:id:ass-science:20191101134726j:plain

各種実験ごとにテーブルの上にそれぞれ実験器具と材料を分けて置きました。

 

f:id:ass-science:20191101135647j:plain

チリメンモンスターを実際にやってみました。

食べたいのを我慢するのがたいへんでした。

 

f:id:ass-science:20191101172936j:plain

炎色反応ロウソクを作ってみました。

 

f:id:ass-science:20191101180830j:plain

また、ロウをこぼしてしまいました。

 

f:id:ass-science:20191101181251j:plain

上からナトリウム、カリウム、リチウムの炎色が何となく、それぞれ黄色、紫、赤色に見えません?