「サイエンスラボいぶき」 答えはこちら↓↓↓

「サイエンスラボいぶき」が本日より3月21日(日)まで、

豊中市の青年の家いぶきの1階ロビーで開催されています。

わたしたちアサンプション国際中高の自然科学部も出展しています!

クラブ活動の紹介、お家で簡単にできる実験の紹介、および、クラブに関するクイズの3種類のポスターを展示しています。

クラブに関するクイズの答えを掲載しておきます!

どれだけ正解できるかな~?

各問題の答えに、過去に行った実験URLを載せています。こちらも参考にしてみてくださいね!

 

Q1.下の写真はある物質が結晶化したものです。何が結晶化したものでしょうか。

f:id:ass-science:20210309132424p:plain


① 尿素

② 食塩

③ ミョウバン

 

正解は、・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尿素 です!

こちらのページを参考に、一度作ってみてくださいね!

分量を変えてやりなおしだー! - アサンプション国際中学校高等学校自然科学部の日記 (hatenablog.com)

夕日をバックにまつぼっくり拾い - アサンプション国際中学校高等学校自然科学部の日記 (hatenablog.com)

実験セレクション - アサンプション国際中学校高等学校自然科学部の日記 (hatenablog.com)


Q2.マシュマロのようにフワフワ触感のスライムを作るには通常のスライムの材料(せんたくのりと同量の水、少量のホウシャ水溶液)に何を加えればよいでしょうか。

f:id:ass-science:20210309132616p:plain


① マシュマロ

② 食器用洗剤

③ シェービングクリーム

 

正解は、・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③シェービングクリーム です!

 ふわふわスライム - アサンプション国際中学校高等学校自然科学部の日記 (hatenablog.com)

 もちもちスライムを作ろう! - アサンプション国際中学校高等学校自然科学部の日記 (hatenablog.com)

 

 

Q3.わたしたちのクラブは毎年だいたい8月12日前後に天体観測合宿を行います。それはある流星群を観察するためですが、何という流星群でしょうか。

f:id:ass-science:20210309132642p:plain


① しし座流星群

② ペルセウス座流星群

③ 双子座流星群

 

正解は、・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペルセウス座流星群 です!

毎年8月には、ペルセウス座流星群を観察しに、様々な場所で合宿を行います。

今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で出来ませんでしたが、早く天体観測ができるようになってほしいです。

 

天体観測合宿2019inハチ北(2日目) - アサンプション国際中学校高等学校自然科学部の日記 (hatenablog.com)

天体観測合宿2019inハチ北(1日目) - アサンプション国際中学校高等学校自然科学部の日記 (hatenablog.com)

 

 

Q4.学校の体育館に超特大鑑賞ケースを設置して、ホタルの鑑賞会を行ったことがあったのですが、そのとき約何匹のホタルをケース内に放ったでしょうか。

f:id:ass-science:20210309132707p:plain


①100匹

②300匹

③600匹

 

正解は、・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③600匹 です!

  自然科学部では、ホタルを観察する会「ホタルの夕べ」を開催したことがあります。

ホタルを鑑賞するケージから作り、箕面市のキャラクター ゆずる君も来てくれました。

 

自然科学部の長ーい1日 - アサンプション国際中学校高等学校自然科学部の日記 (hatenablog.com)

 ホタル鑑賞ケース(小)完成! - アサンプション国際中学校高等学校自然科学部の日記 (hatenablog.com)

 ホタルのにおい - アサンプション国際中学校高等学校自然科学部の日記 (hatenablog.com)

 ホタルの夕べのチラシの原稿ができました。 - アサンプション国際中学校高等学校自然科学部の日記 (hatenablog.com)

 

 

Q5.高3の先輩に卒業記念として、クラブで栽培した大豆を使ってあるプレゼントをしました。何をプレゼントしたでしょうか。

f:id:ass-science:20210309132731p:plain


① 豆腐

② 味噌

③ 納豆

 

正解は、・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③納豆 です!

 今年度は大豆作りもできませんでしたが、また作りたいと思っています!

卒業おめでとう!はい、納豆どうぞ。 - アサンプション国際中学校高等学校自然科学部の日記 (hatenablog.com)

 大豆栽培今年もやります!! - アサンプション国際中学校高等学校自然科学部の日記 (hatenablog.com)

 被昇天納豆が届きました! - アサンプション国際中学校高等学校自然科学部の日記 (hatenablog.com)

 

むずかしかったかな?

 

よろしければ是非、実際にいぶきにも来てくださいねー!

「サイエンスラボいぶき」みなさん、見に来てちょうだいね!

テスト終了後、サイエンスラボいぶきに出展するポスターの仕上げを行いました。今年のサイエンスラボいぶきは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年と異なり、ポスター展示となりました。「クラブの紹介」、「家庭でできる簡単な実験」、「クラブに関するクイズ」の3枚のポスターを作りました。わたしたち自然科学部の活動の雰囲気がわかってもらえるような内容になるようにしてみました。お楽しみに!

 

 

サイエンスラボいぶき ~科学大好き!高校生といっしょに楽しもう!!~

 

展示期間:2021年3月9日(火)~3月21日(日)9:00~21:00

 

展示場所:青年の家いぶき1階ロビー(豊中市服部西町4丁目13番1号)

 f:id:ass-science:20210304123454p:plain

 是非、お越しください!!

 

真ん中えぐれてハート

3月9日(火)から開催される「サイエンスラボいぶき」にポスター展示で出展することになりました。クラブの紹介、クラブや実験にまつわるクイズ、家庭でできる簡単な実験、をそれぞれ模造紙3枚にまとめてポスターにすることにしました。ポスター制作に並行して、前回作成したたまご型キャンドルの出来具合の確認も行いました。たまごの殻をめくっていって、姿を現したキャンドルは虹のように色あいがとてもきれいに仕上がりました。しかし、いくつかは、注ぎ入れたロウソクの分量が少なく、中途半端な形のものもできていました。キャンドルに火をつけてみたら、燃えている真ん中だけがえぐれていびつな形になってしまいましたが、奇跡的に、えぐれた形がハート形になっていて、すこしホッコリしました。 

 

f:id:ass-science:20210216170744j:plain

ポスターに貼る写真を選定中!

 

f:id:ass-science:20210216171500j:plain

まず、ポスターにクラブ紹介の文を下書きしていきます。

 

f:id:ass-science:20210216172003j:plain

あやしい卵が並んでいます。

 

f:id:ass-science:20210216172446j:plain

たまごの殻むきをします。

 

f:id:ass-science:20210216172512j:plain

ジャーン!!

きれいでしょ?!

突き出たロウソクがちょっとブサイクかな。

 

f:id:ass-science:20210216172606j:plain

他のも見てみよう!

 

f:id:ass-science:20210216172617j:plain

これはほぼたまごの殻いっぱいにロウソクが満たされているので、期待ができます!

 

f:id:ass-science:20210216172906j:plain

どんどんめくろう!

 

f:id:ass-science:20210216174256j:plain

めくったものを並べてみました。

 

f:id:ass-science:20210216174455j:plain

きれいだけど、使い勝手わるそー。

 

f:id:ass-science:20210216180205j:plain

点火!

 

f:id:ass-science:20210216180319j:plain

廃油からできたとは思えないほど美しいです。

 

f:id:ass-science:20210216181852j:plain

溶けてくると、残念ながら形が崩れてきました。

 

f:id:ass-science:20210216181858j:plain

芯のある真ん中だけがえぐれてしまいます。

 

f:id:ass-science:20210216181951j:plain

もうやめてー、勘弁してくれー、って感じになってきました。

 

f:id:ass-science:20210216182034j:plain

 えぐれた部分がハート形になっていました。

ホッコリ

卵の殻でキャンドルを作ろう!

前回に続き、卵の殻を利用したキャンドルを作りました。

 殻のみを使うと、卵の中身が余ってしまうので、今回は「卵の凝固性」についても実験をしました。f:id:ass-science:20210204192811j:plain

まずは、卵の殻を用意します。殻を割らないように、卵の両端に小さな穴を開けます。

卵に小さな穴をあける道具(中央のオレンジ色の道具)を使って、穴を開けました。(100均に売っています。)

開けた穴の片方を、つまようじを使って、広げていきます。
f:id:ass-science:20210204170805j:plain

穴を大きく広げたら、卵の中身をボウルに移していきます。

新鮮な卵だったからか、中身がなかなか出ませんでした。とても苦戦しました。

黄身と白身をつまようじで混ぜながら、穴から中身を取り出しました。

キャンドルに使うのは殻だけなので、今回は、中身を別の実験に使用しました。

家でやるときは、中身は美味しく食べましょう!

f:id:ass-science:20210204170244j:plain

キャンドルの型となる卵の殻が出来ました。

転がらないように、小さなコップや口の狭いビーカーに載せて、安定させます。

f:id:ass-science:20210204172039j:plain

大きな穴を開けたほうが上になるように置きます。

この大きな穴から、溶かしたロウを注いていくので、注ぎやすい大きさに広げましょう。

f:id:ass-science:20210204172102j:plain

キャンドルの素となる「廃油」です!

前回と同じで、温めた油に、固めるテンプルを加えてしっかり混ぜます。

f:id:ass-science:20210204172409j:plain

油を少し冷ましている間に、前回作ったロウソクの出来栄えを確認します。

わぁー、きれいですねー。

f:id:ass-science:20210204171406j:plain

きれいにできました。f:id:ass-science:20210204171438j:plain

ここからは2班に分かれて作業をしました。

1班目は、今回も作りたいキャンドルの色のクレヨンを削っていきます。

クレヨン削りも上達してきました。

実験台の反対側では、2班目が卵の中身を使った実験の準備をしています。

f:id:ass-science:20210204172652j:plain

まずは、白身・黄身をしっかり混ぜていきます。f:id:ass-science:20210204172535j:plain

6個分もあるので、なかなか混ざりません。f:id:ass-science:20210204172709j:plain

しっかり混ざったら、1つの紙コップに卵液を50mLずつ注いでいきます。

今回は、卵に「蒸留水」「牛乳」「食塩」「砂糖」を加えると、固まり方(凝固性)に違いはあるのかどうかを調べてみました。

 

1 卵液(50mL) + 蒸留水(50mL)

2 卵液(50mL) + 牛乳(50mL)

3 卵液(50mL) + 食塩(スプーン1杯) + 蒸留水(50mL)

4 卵液(50mL) + 食塩(スプーン2杯) + 蒸留水(50mL) ⇒ 3の食塩が2倍のパターン

5 卵液(50mL) + 砂糖(スプーン1杯) + 蒸留水(50mL)

6 卵液(50mL) + 砂糖(スプーン1杯) + 牛乳(50mL) ⇒ 5の蒸留水が牛乳に変わったパターン

f:id:ass-science:20210204180109j:plain

 蒸留水も50mLはかって、紙コップに注いでいきます。

f:id:ass-science:20210204180339j:plain

 材料をすべて注ぎました。

液の色を確認すると、牛乳を入れた液は、白っぽくなっているのがわかります。

(左から2番目・一番右の紙コップ)

 

また、食塩を入れた液は、オレンジ色が濃くなっているのがわかります。

(左から3番目・4番目の紙コップ)

 

食塩も牛乳も入れていなくて、蒸留水を入れた液は、色が変わっていません。

(一番左・右から2番目の紙コップ

f:id:ass-science:20210204181855j:plain

拡大するとよく分かります。食塩を入れたカップの色は、とても濃いですね。f:id:ass-science:20210204181906j:plain卵に砂糖・牛乳を注いだものは、プリンの加熱前に見えてきますね。

f:id:ass-science:20210204181913j:plain

実験準備をしている間に、キャンドルの炎が中央部分だけを溶かしてしまい、炎がロウソクに埋もれてしまいました。ランプみたいできれいですね。f:id:ass-science:20210204183346j:plain

どのキャンドルも、芯の回りが溶けて穴が開いてしまいました。f:id:ass-science:20210204183427j:plain

先ほど調整した卵液を、アルミカップに等量注ぎ、水を張ったフライパンで蒸していきます。

次のように置いて、蓋をして蒸していきます。

 

上    蒸留水   牛乳

中  砂糖  塩(1倍)  砂糖+牛乳

下      塩(2倍)

f:id:ass-science:20210204184051j:plain

表面に、膜が張ってきました。

蒸しあがりです。

f:id:ass-science:20210204184059j:plain

卵を加熱するとき、一般的には、

塩・牛乳を加えると、凝固が促進され、

砂糖を加えると、凝固が抑制されるといわれています。

凝固の様子を確認するために、つまようじを指してみたところ、

「1 卵液+蒸留水」と「5 卵液+砂糖+蒸留水」はつまようじが傾いてしまいました。

塩や牛乳を加えると、よりしっかり固まることがわかりました。

f:id:ass-science:20210204184534j:plain

アルミカップから取り出して、触ってみたところ、砂糖を加えたほうが、柔らかかったです。

こちらにもつまようじをさしたところ、砂糖を加えた方は、つまようじが少し傾きました。

f:id:ass-science:20210204185006j:plain

f:id:ass-science:20210204185017j:plain

f:id:ass-science:20210204185023j:plain

 「卵の凝固性」は、色々なお料理に利用されていて、茶碗蒸しやなめらかプリンもこの原理を利用しているそうです。

部活の時間内に、キャンドルが固まらなかったので、次回、出来上がりをお見せします!!お楽しみに!!

















キャンドルの炎で突き指を癒そう!

 前回つくったアロマキャンドルが固まってできていたので、紙コップをめくって中身を取り出し、火を灯してみました。きれいでしたが、油のにおいが勝ってアロマオイルにいいにおいは感じられませんでした。ということで、今回も前回に続いて、アロマキャンドルづくりを行いましたが、もっといいにおいがただようように、加えるアロマオイルの量を増やしてみました。次回は、卵の殻に入れてたまご型のキャンドルを作ってみようと思います。

 

f:id:ass-science:20210202170819j:plain

紙コップをめくって、中で固まったキャンドルを取り出します。

 

f:id:ass-science:20210202170823j:plain

ハサミで切れ込みを入れてからめくると、めくりやすい?

 

f:id:ass-science:20210202170854j:plain

豪快にベリベリめくっていきました。

 

f:id:ass-science:20210202171335j:plain

取り出したキャンドルに火を灯してみました。

 

f:id:ass-science:20210202171423j:plain

なかなかきれいですねぇ。

 

f:id:ass-science:20210202171507j:plain

しばらく見とれてしまいました。

 

f:id:ass-science:20210202172445j:plain

あらためて、新しいキャンドルづくりに取り掛かります。

まず、廃油を温めます。

 

f:id:ass-science:20210202173053j:plain

油を温めている間に、色付け用のクレヨンを削ります。

 

f:id:ass-science:20210202173224j:plain

わりばしを使って細かく削っていきました。

 

f:id:ass-science:20210202173233j:plain

そろそろ油が温まってきました。

 

f:id:ass-science:20210202173546j:plain

固めるテンプル投入!

 

f:id:ass-science:20210202173608j:plain

さらに追加で投入!

 

f:id:ass-science:20210202174547j:plain

油を放置して冷ましている間に、紙コップの高さを適当な高さに切って調節します。

 

f:id:ass-science:20210202175621j:plain

クレヨンを入れた紙コップに油を入れて、アロマオイルをたっぷり加えました。

 

f:id:ass-science:20210202180052j:plain

色合いがなかなかきれいです。

 

f:id:ass-science:20210202180231j:plain

お鍋に残った油も固まりました。

お鍋に残った油を何か有効利用できないかと考えましたが、やはりロウソクのロウとして使うぐらいしかないのかなぁ、という結論に至りました。

 

f:id:ass-science:20210202181221j:plain

キャンドルの明かりに癒しの効果がありそう、ということで自分の突き指した指をキャンドルの炎にかざしていました。冷やした方がいいんじゃない?

数年越しで役立ちました!

サイエンスラボいぶきで展示する予定の「廃油からアロマキャンドルをつくる」実験を行いました。数年前に行われた学院祭の模擬店で揚げ物を扱っていたクラスから学院祭終了後に、「実験で使ってください。」と、余った廃油を大量にもらっていたのですが、なかなか使うチャンスがなく、生物化学準備室の片隅で長年一斗缶の中に入っていました。が、本日、ようやく日の目を見ました!廃油を材料にしてキャンドルを作ってみました。わりと簡単にできて、材料も手に入りやすいので、ステイホーム中の実験にピッタリです! 

 

「廃油からアロマキャンドルをつくろう!」

方法

① クレヨン(またはクレパス)をわりばしで削ります。

② 揚げ物などで使ったサラダオイルなどの廃油500mLほどを鍋に入れて温めます。

③ 紙コップを適当な高さに切ります。

④ 小さめのロウソクの芯をわりばしではさみます。

⑤ ロウソクは紙コップの高さに合わせて適当に下側を切って長さを調節します。

⑥ 紙コップの中にクレヨンを削ったものを入れます。

⑦ 温まった廃油に固めるテンプル2袋(通常よりも多め)を入れてよく混ぜます。

⑧ 少し冷めるのを待ってから、固まる前に廃油を紙コップに流し込みます。

⑨ 紙コップに流し込んだ廃油にアロマオイルを10滴ほど加えます。 

⑩ ④のロウソクを紙コップの中心に来るように割りばしを置きます。

⑪ 1日置いて固まったら完成です。 

※注意:油はとても熱くなるので、紙コップに注ぐ際など、やけどしないように十分に気をつけてください!

 

f:id:ass-science:20210128170404j:plain

きれいな形に仕上がる尿素の結晶実験を探究してみました。

 

f:id:ass-science:20210128170419j:plain

ろ紙に水性ペンで色をつけたものに尿素水溶液をスプレーしてみると、水性ペンのインクがにじみ出てきてしまい、結晶もあまり成長しませんでした。

 

f:id:ass-science:20210128170423j:plain

色をつけなかったものも、あまり結晶は成長しませんでした。

 

f:id:ass-science:20210128171340j:plain

クレヨンを削ってキャンドルの色をつけます。

 

f:id:ass-science:20210128171605j:plain

それぞれに好きな色を選んで削りました。

 

f:id:ass-science:20210128171352j:plain調理室から固めるテンプルを分けてもらいました。ご協力ありがとうございました!

 

f:id:ass-science:20210128172234j:plain

一斗缶に眠っていた廃油を紙コップですくってお鍋に入れました。

 

f:id:ass-science:20210128172309j:plain

油を入れたお鍋を火にかけます。

 

f:id:ass-science:20210128172900j:plain

油が温まってくると、油のにおいとはじける音がしてきました。

 

f:id:ass-science:20210128173441j:plain

油の温度をはかってみると、グングン温度が上がり、180℃に達しところで加熱を止めました。

 

f:id:ass-science:20210128173614j:plain

油がまだ熱いうちに固めるテンプルを投入します。

 

f:id:ass-science:20210128173755j:plain

よく固まるように、さらにもう1袋投入しました。

 

f:id:ass-science:20210128174141j:plain

好きなにおいのアロマオイルを選びます。

 

f:id:ass-science:20210128174152j:plain

紙コップの高さに合うようにロウソクの高さを調節します。

 

f:id:ass-science:20210128174933j:plainやけどをしないように、固まらない程度に冷ましてから油を紙コップに注ぎます。

 

f:id:ass-science:20210128175013j:plain

アロマオイルを10滴ほど入れます。

 

f:id:ass-science:20210128175516j:plain

ロウソクをはさんだわりばしを紙コップにセットします。

 

f:id:ass-science:20210128175522j:plain金属トレーの中に置いて固まるのを待ちます。

 

f:id:ass-science:20210128175526j:plain

キャンドルの芯は、ロウソクの芯を使う方が燃えやすいです。

ロウソクの芯は先っちょが微妙な角度で曲がっているので燃えやすいそうです。

 

f:id:ass-science:20210128182448j:plain

 固まったら、紙コップをはがして使います。

ちゃんと燃えてにおいもするんやろか?

実験セレクション

豊中市立青年の家いぶきより、「サイエンスラボいぶき」への出展のお誘いがありましたので、喜んで出展させてもらうことにしました。今回は、新型コロナ感染対策として、対面での実験教室ではなく、自然科学部の活動や実験の説明などを模造紙にまとめたものを会場に展示するかたちとなるそうです。とにかく、発表の場を提供してもらえて、部員はみんな喜んでいます!で、肝心の内容は、みなさんに楽しんでもらえるような実験をいくつか考えています!

f:id:ass-science:20210126165401j:plain
前回のまつぼっくりについた尿素結晶がさらに成長していました。

f:id:ass-science:20210126165410j:plain
スプレーを吹き付ける量の違いによって結晶の成長の度合いも違ってきます。

f:id:ass-science:20210126165415j:plain
まつぼっくりの色もさらに浮き上がってきました。

f:id:ass-science:20210126165422j:plain
くちびるが真っ白になりました。

f:id:ass-science:20210126165432j:plain
シャーレに入れておいた尿素水溶液がシャーレをはみ出して成長していました。

f:id:ass-science:20210126165439j:plain
プラスチックカップ尿素水溶液に4種類(赤・青・黄・緑)の食紅を混ざらないように入れて置いておいたものです。

f:id:ass-science:20210126170647j:plain
実験検索中