タケの処理

久しぶりのお天気なので、まずはレオさんのお散歩をしました。

その後、ビオトープのお掃除と、ビオトープ付近までせまってきている竹の処理をしました。タケは地下ですべてつながっているため、地上からはどの辺にタケノコが出てくるのか、どの辺まで根が広がっているのかわかりません。私たちのビオトープは、地面に水を通さなくて、強度の高いビニルシートを使用しているため、竹の根っこで破れてしまう可能性があります。気になる竹も処理しました。

 

f:id:ass-science:20190530171958j:plain

久しぶりの芝生でのお散歩。

f:id:ass-science:20190530171910j:plain

小学生たちからも人気ものです。

f:id:ass-science:20190530174158j:plain

ビオトープ水草などを網ですくい、水生生物とその他に丁寧に分けていきます。

f:id:ass-science:20190530172604j:plain

オケラかな?初めて見る虫です。

f:id:ass-science:20190530175018j:plain

トンボのさなぎかな?色がとてもきれいですね。

f:id:ass-science:20190530175106j:plain

大きめのヤゴ。ここのビオトープは、ヤゴがたくさんいます。

f:id:ass-science:20190530173730j:plain

ビオトープの掃除と同時に、侵食してきている竹を抜いていきます。

f:id:ass-science:20190530173637j:plain

まずは1本抜けました。

f:id:ass-science:20190530173644j:plain

長いので、捨てやすい大きさに切っていきます。

f:id:ass-science:20190530180136j:plain

最後に、畑の様子を確認しにいきました。

アスパラガスとじゃがいもが植えられていますが、わかりますか?

 

f:id:ass-science:20190530180152j:plain

じゃがいもは土から出てしまって、色が緑色に変化していました。

んー、このじゃがいもは食べれないかも。残念です。